小川榮太郎の書斎から 9/4講演会 【戦後70年/当時の「言葉」から先の大戦の意味を解き明かす】 『一気に読める「戦争」の昭和史』(KKベストセラーズ) 刊行記念講演のお知らせ
FC2ブログ

 -M E N U-

  ● 政 治  安倍政権・国際情勢etc
  ● 雑 感  日々思ふ雑感やらetc
  ● 創 誠 天 志 塾  勉強会開催の告知etc
  ● 榮 チ ャ ン ネ ル    小川榮太郎の動画                   

  にほんブログ村 政治ブログへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 番付に登錄してひる故、是非押下をお願ひ致します。↑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/4講演会 【戦後70年/当時の「言葉」から先の大戦の意味を解き明かす】 『一気に読める「戦争」の昭和史』(KKベストセラーズ) 刊行記念講演のお知らせ

小川榮太郎事務局より

『一気に読める「戦争」の昭和史』(KKベストセラーズ) 刊行記念
【戦後70年/当時の「言葉」から先の大戦の意味を解き明かす】
 講 演 会


のお知らせです。

日本人は何を守り、何を失ったのだろう…… 「盧溝橋事件」から「玉音放送」までの激動の時代―。
石原莞爾、近衛文麿、山本五十六、東條英機、ルーズベルト、チャーチル、ド・ゴール、ヒトラー、スターリン、
毛沢東、蔣介石、そして、昭和天皇……。
当時の【言葉】から先の大戦の意味を解き明かした小川榮太郎先生の最新作。
新刊の話を中心に、「なぜ日本が先の大戦を戦ったのか」について語り尽くします。
また、当時の日本の文化人たちが、何を感じ、何を考えていたのかについても考察。
日本近現代史の新機軸!戦後70年葉月に贈る、「戦争について考える」講演会です。

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。
(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)

日時:2015年9月4日 (金) 19時00分~(開場:18時30分)
会場:本店 8F ギャラリー
募集人員:70名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

申込方法
店で対象書籍をお買い上げのお客さまに1階カウンターにて、
参加整理券を差し上げます。
(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
※八重洲ブックセンターでその場でご購入いただく必要がございます。
 八重洲ブックセンター本店で事前に購入された方は、該当のレシートがあればそれでも構いませんが、整理券が必要ですので当日は一階カウンターにお越しください。
また、お電話によるご予約も承ります。
(電話番号:03-3281-8201)


対象書籍 : 『一気に読める「戦争」の昭和史』 本体1500円+税
主催:八重洲ブックセンター   協賛:KKベストセラーズ

すでにご購入頂いた方でも、大変恐縮ではありますが
当日八重洲ブックセンターにてご購入いただく必要があります。
もしくは、事前に八重洲ブックセンター本店でご購入いただいたことがわかるレシートをお持ちください。

当日購入していただくサイン本はご自身用、すでにご購入頂いたものはお友達などにプレゼント、などはいかがでしょうか?

ぜひとも講演会へ足をお運び頂き、直接小川榮太郎の、この本に懸けた思いをお聞きください。


   にほんブログ村 政治ブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
政治 ブログランキング   にほんブログ村   にほんブログ村

榮チャンネルも、徐々に復活していきます!


◎榮チャンネルへの登録をお願い致します。◎

■YouTube■https://www.youtube.com/c/EitaroOgawa

■ニコニコ動画■http://com.nicovideo.jp/community/2609451


◎Twitterやっています。フォローして下さい!◎



Twitter、Facebookでのシェアをお願いします!↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも大いに勉強させて頂いています。
「戦争の昭和史」を購読し、弊ブログに活用させて頂きました。
 http://rakuaki.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

その記事の中で、下記の点を指摘させて頂きましたが、如何でしょうか?

2.小川史観への補足 (幣原喜重郎の国際協調外交の問題)
 枝葉末節を省き大局をみれば、基本的に上記の小川榮太郎氏の『戦争の昭和史』=小川史観に納得する。 ただ一点だけ、重要ポイント(幣原喜重郎の国際協調外交の問題)については言及がされていないのが気にかかった。 これは教訓にも関係してくると思うので以下の通り補足したい。

 小川史観では、軍部の暴走?に関する原因の検討が欠けているように思う。 その原因としては、統帥権問題、軍官僚制の歪みや日本人の戦略べたやマルクス主義の浸透、国際環境の緊迫なども関係すると思うが、幣原喜重郎の過度な国際協調外交(1915~1931)が最大の原因ではないかと思う。 この点の検討指摘がない。

 1919年の大陸での5.4運動以降1931年の満州事変に至るまで、米国の支援を受け共産党が画策する反日侮日暴動や第1次南京事件などの各種残虐事件に対し、ほとんどの日本国民は憤慨していたが、戦後の日中友好外交を彷彿とさせる幣原喜重郎の過度な国際協調外交はそれをほとんど放置したが、適切な対応だったのか。
 幣原外交に対し、当時の奉天総領事や外務次官だった吉田茂は、中国人の排外運動に苦慮していた英米と連携して国際法に則り中国側の不当な行動に正々堂々軍事力で対応すべしと主張していたが、幣原外交は何もせず中国側を付けあがらせ、日本の抜け駆けを心配する英米側を疑心暗鬼にさせ、反日侮日がさらに増進する悪循環を招来させた。

 そして、全ての暴動と事件の矢面に立つ軍部を追い詰め、軍部が政府不信にならざるを得なかったこと が最重要だと思う。 当時の世界を見れば石原莞爾の戦略(対支不介入と対米対ソ防衛戦争準備と満州経営)は正解であったが、そのような戦略を外務省も研究すべきで、政府と軍部が国論を統一して慎重に実行すべきあった。 もちろん、いかに正しくとも、関東軍が独断で満州事変を起こすべきではなかったのは当然である。 しかし幣原外交がそうさせてしまったのだと思う。

 現時点でもし、中国が尖閣上陸や在中日本企業を反日暴動で破壊殺戮するなどの無法を行い、明らかに覇権併呑意思も明らかな場合に、これを日本政府が放置したならば、自衛隊諸氏が黙っていない=自衛隊の暴走?の可能性がある?のと同じだと思う。

 幣原外交からの教訓は、性善説友好外交=グローバリズム的外交は亡国の原因になるということ だと思う。 冷徹な情勢分析と自国のポリシー(目標)を明確にして戦略をたてて果敢に実行することでしか、この厳しい国際社会では生き残れない。 この教訓を小川史観の教訓に付け加えるべきかと思う。
著者紹介

小川榮太郎

Author:小川榮太郎
FC2ブログへようこそ!

項目別記事
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。